テッコンドウの話題を聞く度に思い出す彼の事

テッコンドウの話題を聞く度に思い出す彼の事

テッコンドウの話題を聞く度に思い出す彼の事海外に留学していた時の話です。私には、当時お付き合いしている彼が日本にいました。

 

2年間という期間の決まった留学だったこともあり、特に海外と日本と離れ離れになっても別れ話が出るようなこともなく、そのまま自然と遠距離恋愛に突入したのでした。

 

海外では大学の寮に入り、たくさんの友人を作る事ができました。

 

その寮ではみんな20代ということもあって時々、合コンのようなノリでパーティのようなものがあったのです。

 

その集まりは英語の勉強になるので最初の頃は参加していたのですが、そのうちに酔っ払いと英語で会話してもあまりためにならないと気付き、参加するのを止めました。

 

その日も、くつろぎスペースでは楽しそうなパーティが開かれていたのですが、部屋のドアをノックする音がしました。出てみると、そこには韓国からの留学生のJ君がいたのです。

 

J君もドンちゃん騒ぎに嫌気がさしたとのことで、一緒に私の部屋でコーヒーを飲んで勉強のことなどを相談し合いました。それからJ君とは、いつも一緒に行動するようになりました。

 

J君とはとても気が合い、私も人間として彼の事が大好きになっていました。ある日、J君から告白されたのですが、それがJ君が韓国へ帰る前の晩でした。

 

しかし、私には彼がいるので断ることになるのですが、人間としてJ君を尊敬している事を伝えました。それ以来J君とは会っていませんが、私が日本に帰ってから気付いた事があります。

 

それは私も本当は、既にJ君のことが好きになっていたということでした。遠距離恋愛していた彼とは、帰国してすぐに別れました。今でもテッコンドウの話題を聞くと、高校の時に韓国の大会で優勝したことのあるJ君のことを思い出します。

関連記事

  1. 海外での生活は出来ません!
  2. 婚活サイトで驚きの出会い
  3. 告白できなくても後悔はない
  4. 彼との運命の出会いから今。。。
  5. 年上の人に憧れた時期
  6. 彼の幸せを願って私に出来ること
  7. 愛猫を救ってくれた動物病院の先生に恋をしました
  8. アルバイトで唯一優しい言葉をかけてくれた男性
  9. 恋のキューピットだとお礼を言われても...
  10. 彼にとって私は2番目の女でした

トラックバックURL

http://www.i-wineshop.com/wp-trackback.php?p=9


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です