隠さなければならなかった恋愛

隠さなければならなかった恋愛

隠さなければならなかった恋愛私が20歳の頃の出来事です。

 

出会いは、同じ学校に通う女友達の紹介でした。

 

最初は電話から仲良くなって、すごく性格も合うなと思い、すぐに気に入ってしまったのです。

 

その子も同い年の学生だったのですが、友達が言うにはとてもモテる子だからすごく可愛いよ!と言っていたので、会う前から自分の中でかなり盛り上がっていました。

 

そんな彼女と会うことになったのは、電話をしてから1週間後のことでした。お互いに初めて顔を合わせることになったのですが、駅前で待ち合わせをしているとき、前からハーフっぽい顔立ちの長身でとても綺麗で可愛い子が歩いてきました。

 

自分はこの子であって欲しい!と思った通り、電話をしながら近づいてきたのは大本命のその子でした!予想以上のモデル並の可愛さに、自分はある意味一目惚れしました

 

1週間のうちにお互いがイイ感じに話せていたので、その日の夕方に思いきって告白してみました。そしたら、OKが出たんです!そして、これから幸せの日々が待ってるぞ!と思ったのもつかの間...。

 

毎週水曜日は遊べないと言うんです。その日の以外は毎日会っているのに、おかしい...絶対におかしい...誰しもが思うはずです。怪しいのです。

 

そして、白状させました。実はオッパブで働いていたということを。俺と付き合う前に元カレと別れていたのですが、彼と離れたことでお金も無いしやってしまったと言います。

 

辞めたい気持ちはあるけど、すぐに辞めさせてくれないのだそうです。なんせ稼ぎ頭だから、違約金が発生してかなりキツイと言っていました。

 

そんなの俺が払ってやるから辞めろよ!なんて、カッコイイことを言ってやりたいけど、俺の心の中ではそんな労力を使う価値の無い女と思ってしまいました

 

いくら可愛かろうが、自分の体を商売にする女の人は、彼女としては俺は許せない。世の中悲しいことだらけだと、痛感した恋愛でした。

関連記事

  1. 想いを伝えられなかった苦しみ

トラックバックURL

http://www.i-wineshop.com/wp-trackback.php?p=44


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です