思わせぶりな私でした

思わせぶりな私でした

思わせぶりな私でした大学生の頃、地元の観光地でアルバイトをしていました。全国的にも有名な場所と言う事もあって、休日や長期休みになる国内外から沢山の観光客が集まってきます。

 

私にとって楽しく充実していたアルバイトで、毎日一生懸命でした。そんな時、建物の事や美術品の事を色々と質問をしてこられる男性がいました。

 

東京から来られた男性二人組で、とても気が合い楽しいひと時を過ごしました。

 

特別なことは何もなく、その男性はそのまま帰って行かれました。閉館の時間が来てアルバイトを終了し、その日はまっすぐ家に帰るつもりで玄関を出た所で、先程の男性二人がいたのです。

 

今まで、他の所を見て回っていらっしゃったとか。では駅までご一緒にと言う事で歩いて行ったのですが、話も盛り上がり二人と言う安心感から電話番号を交換したのでした。

 

数日後、またこちらへ来られる機会があるとのことで「また会いませんか?」と誘われ、何のためらいも無くOKしてしまいました。そして、その日は別の観光地を案内したり、お食事をしたりと時間を共に過ごしました。

 

別れ際「お付き合いしてくれませんか?」とのこと...突然の事で驚きましたが、どこか分かっていた事でもありました。でも、私には遠方で仕事をしている彼氏がいたのです。

 

なかなか会えない寂しさがあったのかも知れません。でも、その彼氏の事は大好きでしたし、裏切る事は出来ませんでした。

 

きちんとお断りして、分かってもらいそれで終わりました。数日間の事でしたが、淡い気持になっていた私がいました。こうやっていまだに忘れずにいるという事は、嬉しかったのかなとも思うのです。

 

彼氏とは結婚して、今は幸せにしています。

関連記事

  1. 海外での生活は出来ません!
  2. 婚活サイトで驚きの出会い
  3. 告白できなくても後悔はない
  4. 彼との運命の出会いから今。。。
  5. 年上の人に憧れた時期
  6. 彼の幸せを願って私に出来ること
  7. 愛猫を救ってくれた動物病院の先生に恋をしました
  8. アルバイトで唯一優しい言葉をかけてくれた男性
  9. 恋のキューピットだとお礼を言われても...
  10. 彼にとって私は2番目の女でした

トラックバックURL

http://www.i-wineshop.com/wp-trackback.php?p=117


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です